DI室 ドラッグインフォメーション室

DI室 ドラッグインフォメーション室

DI室とは

調剤薬局の業務に身を置くと日々多くの疑問や問題につきあたることがあります。
お薬の薬効や副作用に関することはもちろん、調剤の工夫・保険・法規や規制・適応外使用の例や希少症例に関すること・医薬品の品質情報・新規医薬品の発売情報等、その疑問の種類は実にさまざまであり、また勤務する店舗によって直面する疑問や問題にはそれぞれ特徴があります。
そこで当社ではDI室を設置して情報の共有化を目指しています。

設立の経緯

患者様・医師・看護師等から質問があっても、日々の業務が忙しい店舗では、回答に多くの時間を頂くことが良くありました。
また、各店舗で調べて持っているDI情報は、よく聞いてみると同じような内容のものが多いこともわかりました。
当社では短時間でより詳細なDI情報を収集し、その内容を全店に共有する目的でDI室を設置いたしました。

DI室の仕事

DI室では各店舗で直面した疑問点、問題点の解決に必要な情報の収集、調査、解析を行い、その結果を当該店舗だけでなく全社にむけて情報配信しています。
また過去の配信事例も繰り返し確認できるよう、オンライン情報共有システムを使って事例の検索も可能で、全職員に情報公開しています。

DI室では8名のスタッフが日々情報の収集と配信にあたり、情報の共有化に努め、患者様へよりよいサービスを提供できるよう各薬局をサポートしていきます。