ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、新薬(先発医薬品)の特許が切れた後に販売される、新薬と同じ有効成分・同じ効能効果を持つ医薬品のことです。 開発費が低く抑えられるため、新薬より安価で、効果や安全性は新薬と同等であり、欧米では広く普及しております。

ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品に変更するには?

ジェネリック医薬品を希望される場合は、医師・薬剤師にご相談ください。 なお特許期間中などの理由から、ジェネリック医薬品がない場合がございます。

ジェネリック医薬品の特徴は?

研究開発や審査の手続きにかかる開発コストが抑えられるため、多くのジェネリック医薬品は安価に設定されております。 新薬と同じ有効成分で、体内への吸収を調べる試験により、有効性・安全性が同等であることを保証しています。 また、ジェネリック医薬品には、形や味・大きさ・服用性・使用感の改良など、新薬の発売後、開発・蓄積された新しい技術を用いて工夫しているものもあります。

なぜ国は「ジェネリック医薬品」を
推奨しているの?

高齢化社会を迎え、日本は医療費が膨大になり、
国家の財政に大きな割合を占めるようになりました。
そのため、医療費を削減する方法の一つとして、
ジェネリック医薬品を推奨しております。

当社のジェネリックへ
の考え方・取り組みについて

当社では、「薬局・薬剤師のやりがいが生まれ」、
「患者様から喜ばれ」そして「社会(国)の役に立つ」、
三方良しの考え方で、ジェネリックを推進しております。
採用するジェネリック商品についてはこだわりを持ち、

●先発品と添加物や製造方法まで同じオーソライズドジェネリック(AG)
●ジェネリック医薬品のトップメーカーの商品
●先発品より飲みやすく、工夫する等付加価値を付けたアドバンスドジェネリック

等から選んでいます。