社員インタビュー

社員インタビュー#08

インタビュー画像1
INTERVIEW #08

「患者さんのために」を会社全体で実践

薬局長

崇城大学 薬学部卒
2018年入社(中途入社)
三鈴薬局

グッドプランニングに決めたポイントは?

グッドプランニングは薬局業界の中で離職率が低く、助け合いの社風や職場環境がよい印象を受けたこと、地域貢献を目指しかかりつけ機能を担っている印象を受けたことで、今後世の中に必要とされていく薬局を目指されていると思いました。
私自身、同じ会社に長く働きたいと考えていましたので、自分に合うと思い、入社を決めました。

実際に入社して業務をされた感想をお聞かせください

会社内で行動規範(クレド)を作り上げ、「患者さんの為に必要なことは何か?」をきちんと考えている企業だと感じました。「患者さんの為に」と掲げているところは多数あるとは思いますが、実際に会社全体で取り組んで、実行されているのはすごいと思います。
また、社内でコミュニケーション推進会議という会があり、自分の店舗で起きたことを他店舗の方々とも共有や交流できる機会があります。他店舗との協力・連携のおかげで、終末期患者さんの服薬サポートがスムーズに行き、実際の業務にも活かせました。

実際に勤務している店舗は雰囲気もよく、本部から店舗に入社後の定期面談をしに来てくださり、入社後も安心でした。
働いていてわからないことは質問しても聞きやすい環境だと思ったことです。上司や本部の方など質問したら、わかりやすく教えてくださりました。
本部の方の仕事が丁寧にされていて、書類の記載のときに、「どこを記載し、どこにハンコを押すのか」等わかりやすくしてくださるので、大変助かっています。

インタビュー画像2

やりがいを感じるのはどんな時ですか?

業務を通じ、患者さんに貢献できたことと連携を図ることで、クリニックと患者さんと薬局とがスムーズにいったことです。
具体的には、内科で出ていた鎮痛薬を整形で処方してもらうようにと言われたのですが、患者さんは理解が十分でなく副作用も出ておられたようで、整形のクリニックに情報提供書を提出したところ、量を減らして処方してくださり、結果として副作用なく、また痛みのコントロールを損なうことなく、治療が継続できました。 クリニック同士の連携が図れるように、何よりも患者さんのためにサポートできてよかったとやりがいを感じました。患者さんの困りごとや相談にのることで、喜んでいただけたり、困りごとが解決できたりするとやりがいを感じます。
会社にも報告すると、社長やエリアマネージャーが報告内容を見てくださったり、コメントをいただけたりするので、更にやりがいを感じます。

インタビュー画像3

これから入社される方に一言お願いします

薬局長として、今週の出来事や考えなどを週報としてあげるのですが、社長や他のエリアマネージャーなど見てくださるので、会社の風通しは良いと感じます。「やりがいを感じるとき」にも記載しましたが、コメントをつけてお返事いただけるときちんと見てくださっているのだなとうれしく思います。
エリアマネージャーは定期的に立ち寄って下さるので、聞きたいことがあれば、聞いたり、相談したりしやすい会社だと思います。

これから入社される方へ。一緒にグッドプランニングで働き、会社を盛り上げていきましょう。

OTHER CONTENTS