社員インタビュー

社員インタビュー#09

インタビュー画像1
INTERVIEW #09

安心して頼ってもらえる薬剤師になりたい

薬剤師

神戸学院大学 薬学部卒
2018年入社(中途入社)
栄さくら薬局

グッドプランニングに決めたポイントは?

以前働いていた病院は急性期病院で、治療が終われば退院することが多く、長く患者さんとかかわることができませんでした。 BSCの患者さんは、すぐに転院となるため疼痛コントロールや薬の調節が途中になることも多々あり、患者さんと長く関わることができる在宅をしている薬局を希望しました。
グッドプランニングは地域密着型の薬局であり、最近かかりつけ薬剤師も浸透していく中で、「当社はかかりつけ薬剤師は件数をノルマとせず、必要がある患者さんに対しかかりつけ薬剤師として対応する。しかしその中でも患者さんを薬局全体でもフォローしていく、問題点があればみんなで考える」というお話を聞いて魅力的に感じました。
あともう一つは、患者さんとの対話を大切にしていることです。もし患者さんとの対話が必要な場合、他の人達がフォローすると仰っており、私は病棟業務でじっくり話を聞くことが多かったので、この会社だとしっかり服薬指導ができるのではないかと思いました。

実際に入社して業務をされた感想をお聞かせください

実際働いてみて、医師がそばにいないことや、カルテがなく患者さんからの情報だけで適切な治療か判断する等、病院の勤務とは異なることも多々ありました。 病院と違って、薬局は患者さんからお話を聞いて副作用や服薬状況を把握しないといけないのが難しいなと感じています。先輩方のように上手に話を聴き出せるようになりたいなと思っています。
初めは不安なことが多かったですが、自分の知識だけでは解決できないことは先輩薬剤師が一緒に親身になって考えてくださるので、すごく心強いです。

インタビュー画像2

やりがいを感じるのはどんな時ですか?

患者さんから感謝された時、「ありがとう」と言ってもらえた時です。
患者さんより薬について質問があった時、しっかり疑問点を解決できればやりがいを感じます。しかしそれ以上に、薬だけでなく、患者さんの不安なことを聞いてると不安が和らいだのか笑顔で最後に「ありがとう」と帰って下さる時は、大変嬉しく思います。
以前、医師には相談しにくいからと言って、薬剤師に相談してくれた患者さんがいました。少しでも患者さんが頼ってくれて嬉しかったです。
まだまだ知識の面では未熟ですが、些細なことでも話しやすい薬剤師になりたいと思います。

インタビュー画像3

これから入社される方に一言

新しい環境に入るのはとても不安だと思いますが、優しい先輩ばかりでフォローもたくさんしてもらえます。 服薬指導はしっかりできるので、患者さんとのコミュニケーションを大事にしながら、患者さんにとって安全で適切な薬物治療ができるように一緒に頑張っていきましょう。

OTHER CONTENTS